HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※DVDのネット会員価格は 5,000円+消費税+送料(900円)でこれまで通りですが、非ネット会員価格は、DVD 25,000円+送料(900円)+消費税。TEXTは、5,000円+送料(900円)+消費税と、2022年8月1日より新たに設定します。できるだけ次項のネット会員にご入会いただきますようお願い申し上げます。
※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:78件
一般医学系:115件
消化器科系:96件
呼吸器科系:71件
循環器科系:101件
神経内科系:84件
心療内科系: 13件
血液内科系: 3件
内分泌代謝内科系: 75件
老人科系:16件
感染症科系:45件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 2件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:77件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:12件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
血液内科系
3 件中 [1-3] を表示 1
身体所見と血算・血液生化学・凝固検査で判断する血液疾患
−専門医への紹介のタイミングを中心に−
渡邉純一先生
■講師
渡邉純一先生

(TMGあさか医療センター 血液内科 部長)
【セミナー概要】
 血液疾患は頻度が少なく、難治性で重篤になりうる疾患が多いため敬遠されることが多い。実際に急性白血病や中・高悪性度リンパ腫は疾患の進行速度が速く、緊急で専門医に繋ぐ必要がある。一方で合併症や重篤な症状を発症するまで様子を見てしまっている疾患もある。脳梗塞が主症状である骨髄増殖性腫瘍や進行が遅い低悪性度リンパ腫・多発性骨髄腫などである。また、ビタミンB12欠乏性貧血は白血病を疑うような検査異常を示すが、補充療法のみで改善する。かかりつけ医が血液疾患をある程度知っておくことは、患者のQOLや予後の改善に重要であまた、また、  
 また、近年の医学の発展は今までは治療が難しかった患者の治療を可能にしている。例えば慢性骨髄性白血病に対してのチロシンキナーゼ阻害薬、多発性骨髄腫に対する様々な新規薬剤、悪性リンパ腫や急性白血病にも様々な新規薬剤が登場し、高齢者の治療も可能になっている。
 本医療技術セミナーは「身体所見・症状と一般的な検査所見から血液疾患を疑い、どこまで検査を行うか」「血液疾患の検査・治療をどこまで行い、どこから専門医に紹介するか」をフローチャートで示すことで、皆様の一助になればと考えている。また、各疾患の診断・治療について症例を交えて説明し、皆様の血液疾患の理解を深め、患者のQOLや予後の改善に本セミナーが役に立てれば幸いである。
 開催日
2022年10月9日(日)
 講師
渡邉純一 先生(TMGあさか医療センター 血液内科 部長)
 診療科目
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 血算を読む
−どのような所見があれば疑い、どこまで診て、どこから紹介するか−
押川学先生
■講師
押川学先生

(武蔵野赤十字病院血液内科 部長)
【セミナー概要】
 血液疾患はとかく敬遠されがちである。
 元々頻度が少ないために診療に不慣れな先生方が多いことに加え、かなり極端な血算データの異常で見つかることが多く、また不治の病というイメージもあいまって、血液疾患は近寄り難い存在となっている。
 しかし、実際には実地医家でも十分対応が可能な血液疾患が少なくない。
 例えば貧血の大部分は鉄欠乏性貧血であり、診断は採血のみで可能であり、補充療法で速やかに改善する。ビタミンB12や葉酸欠乏による血球減少も同様である。
 一方、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などはいずれも専門の医療機関で診療すべき血液疾患だが、これらの疾患の多くは昨今治療成績が著しく向上しており、たとえば慢性骨髄性白血病は今では内服薬で病勢コントロールが出来るようになり、多発性骨髄腫では多くの新薬登場により予後が大幅に改善している。したがって、これらの疾患では疑わしい患者さんをいかに的確に拾い上げて専門医診療に繋げていけるかということが今まで以上に重要になりつつある。
 今回の医療技術セミナーでは、血液異常やリンパ節腫脹などを有する患者さんを診た時に、どのような所見があれば血液疾患を疑うべきか、そしてどこまでは実地医家で診療が可能か、どこから先は血液専門医に紹介すべきかにつき具体的な症例も交えてお話ししたい。その結果として少しでも皆さまの血液疾患に対する苦手意識を払拭出来ればと考えている。
 皆さま奮ってご参加下さい!
 開催日
2021年10月10日(日)
 講師
押川学 先生(武蔵野赤十字病院血液内科 部長)
 診療科目
 備考
血算、白血球の異常、赤血球の異常、血小板の異常、血算所見の特徴、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、基幹病院への紹介のタイミング
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
この患者さん 血液の病気かな?と思ったら・・・
−どこで疑い、どこまで診て、どこから紹介するか−
押川学先生
■講師
押川学先生

(武蔵野赤十字病院血液内科 部長)
【セミナー概要】
 血液疾患はとかく敬遠されがちである。
 元々頻度が少ないために診療に不慣れな先生方が多いことに加え、かなり極端な血算データの異常で見つかることが多く、また不治の病というイメージもあいまって、血液疾患は近寄り難い存在となっている。
 しかし、実際には実地医家でも十分対応が可能な血液疾患が少なくない。例えば貧血の大部分は鉄欠乏性貧血であり、診断は採血のみで可能であり、補充療法で速やかに改善する。ビタミンB12や葉酸欠乏による血球減少も同様である。
 一方、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などはいずれも専門の医療機関で診療すべき血液疾患だが、これらの疾患の多くは昨今治療成績が著しく向上しており、たとえば慢性骨髄性白血病は今では内服薬で病勢コントロールが出来るようになり、多発性骨髄腫では多くの新薬登場により予後が大幅に改善している。したがって、これらの疾患では疑わしい患者さんをいかに的確に拾い上げて専門医診療に繋げていけるかということが今まで以上に重要になりつつある。
 今回の医療技術セミナーでは、血液異常やリンパ節腫脹などを有する患者さんを診た時に、どのような所見があれば血液疾患を疑うべきか、そしてどこまでは実地医家で診療が可能か、どこから先は血液専門医に紹介すべきかにつき具体的な症例も交えてお話ししたい。その結果として少しでも皆さまの血液疾患に対する苦手意識を払拭出来ればと考えている。
 皆さま奮ってご参加下さい!
 開催日
2020年10月18日(日)
 講師
押川学 先生(武蔵野赤十字病院血液内科 部長)
 診療科目
 備考
血液疾患、病診連携、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー