HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 最新医療セミナー開催スケジュール > セミナー詳細(見逃してはいけない胸痛の診断と虚血性心疾患の適切な管理)

見逃してはいけない胸痛の診断と虚血性心疾患の適切な管理

最新医療セミナー詳細【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー詳細
 医療現場でのトピックスや領域別・疾患別に着目したセミナーを開催いたします。
セミナースケジュールダウンロード(PDFファイル)
Live中継行います
■左のマークが付いているセミナーは、インターネットでLive中継を行います。
※セミナー開催日に都合で来場できない方や地方の方々の利便性向上のために、インターネットを通じて
  ネット中継を行います。ネット受講の詳細はこちらをご覧ください。
セミナー日程に戻る
Live中継行います
見逃してはいけない胸痛の診断と虚血性心疾患の適切な管理
【セミナー概要】
 実地医家の先生方が日常診療で胸痛を訴える症例を診察する機会は多いと思います。急性冠症候群(ACS)には非典型的な胸痛を主訴とする症例や心電図のST変化が分かりにくい場合も少なくないですが、危ない状況を示唆する所見を見落とすことなく迅速にリスク評価をする必要があります。病歴聴取のポイント、心電図所見、ACS以外の鑑別診断についても症例を提示しながら解説します。
 虚血性心疾患において予後改善のためには虚血の評価に基づいた適切な冠動脈インターベンション(PCI)の実施と至適薬物療法(optical medical therapy)を含む冠危険因子のコントロールが重要です。またPCI後の2剤抗血小板薬併用療法の至適期間や非心臓手術における抗血栓薬の休薬など、日常臨床で直面する難題があります。適切な虚血性心疾患の診療について最新の知見を整理するとともに、専門家ならではのコツを伝授します。
 本医療技術セミナーにご参加いただいた先生方の診療技術の向上が患者さまの予後改善につながることができたら幸いです。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 問診や心電図の見方を中心に重篤な心血管疾患を決して見逃さない胸痛診断のコツを伝授します。また適切な虚血性心疾患の診療に役立つ最新知識を整理します。

10:00〜12:00 見逃してはいけない胸痛の診断
 ・病歴聴取のポイント
 ・見落としやすい急性冠症候群(ACS)の心電図所見
 ・心電図から分かるACS以外の胸痛の鑑別診断
 ・高感度トロポニンとCTを用いた最新の診断法

12:00〜13:00 昼食・休憩

13:00〜15:00 虚血性心疾患の適切な管理
 ・適切な冠動脈インターベンション(PCI)治療の実際
 ・至適薬物療法(optical medical therapy)と冠危険因子管理
 ・PCI後の2剤抗血小板薬併用療法の勘どころ
 ・非心臓手術における抗血栓薬の休薬について
塚原健吾先生
■講師
塚原健吾 先生
(藤沢市民病院循環器内科 部長)
<略歴>
95年3月 横浜市立大学医学部卒
  4月 横浜市立大学医学部附属病院研修医
97年4月 横須賀市立市民病院循環器科
02年4月 横浜市立大学附属市民総合医療セン
     ター心臓血管センター内科   
05年4月 同センター助教 
12年4月 同センター講師 
16年4月 藤沢市民病院循環器内科部長(現職)
FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
セミナー要綱
 セミナーNo
449
 開催日
2017年9月23日(土) 10:00〜15:00 ※開場 9:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2 八重洲MIDビル)
会場案内図
 講師
塚原健吾 先生(藤沢市民病院循環器内科 部長)
 定員
20人
 受講料
【医師】
■会場受講: 40,000 円(お一人様/税込み)
■ネット受講:20000 円(スポット)、※初期登録料:5,000 円(最初の1回のみ)
【コ・メディカル】
■会場受講:10000 円(お一人様/税込み) ※定員制
■ネット受講:10000 円(スポット)、※初期登録料:5,000 円(最初の1回のみ)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
 紹介動画
セミナー会場案内図
■アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2 八重洲MIDビル)
FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
会社案内ダウンロード
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー