HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 最新医療セミナー開催スケジュール > セミナー詳細(近年導入された新薬による新たな2型糖尿病治療体系の提案〜肥満合併2型糖尿病の治療〜)

近年導入された新薬による新たな2型糖尿病治療体系の提案〜肥満合併2型糖尿病の治療〜

最新医療セミナー詳細【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナー詳細
 医療現場でのトピックスや領域別・疾患別に着目したセミナーを開催いたします。
セミナースケジュールダウンロード(PDFファイル)
Live中継行います
■左のマークが付いているセミナーは、インターネットでLive中継を行います。
※セミナー開催日に都合で来場できない方や地方の方々の利便性向上のために、インターネットを通じて
  ネット中継を行います。ネット受講の詳細はこちらをご覧ください。
セミナー日程に戻る
Live中継行います
近年導入された新薬による新たな2型糖尿病治療体系の提案〜肥満合併2型糖尿病の治療〜
−−患者さん自身の実感を伴う糖尿病治療を目指して;心臓血管外科医(冠動脈)の視点で;心臓血管外科医が−
【セミナー概要】
1:当院心臓血管外科外来における2型糖尿病の比率は40%を超え ている。本県(福島)では急増中であるが、これは全国的傾向 であろう。
2:2型糖尿病治療は既に「専門医」のみではなし得ない状況で あり我々も門外漢で居続ける事は許されない。特に我々心臓 血管外科医師は、耐糖能障害から“終末期”糖尿病 症例と 広範な症例に迅速にかつ適切に対処せざるを得ない。そのた め “糖尿病”は我々の必須教養である。
3:従来の糖尿病治療であまり重要視されてこなかったと思われ る(あるいは無視されてきた)「肥満」に再度対処する事(新 薬を含めて)が、患者さんの血糖コントロール改善はもちろ んQOL改善と予後改善に繋がるものと心臓血管外医の経験か ら確信している。SU剤やインスリン治療中の体重増加は糖尿 病治療にはつきももので、ある程度は容認されて来た節があ るが、外科医としてはあまり好ましい現象ではないと考えて きた。
4:患者のやる気のなさや治療側も内心ほぼ諦めかけているよ うな「臨床的無気力」(clinical inertia)状態、あるいは  “糖尿病治療は手帳にA1cを記載する事である”という患者 の思い込みは一体何処からきたのであろうか? 2型糖尿病の 本態を完全に理解しないまま治療を行なってきた医療側こそ 問われるべきではないだろうか?
5: 野球試合には九回裏の逆転劇はありうるがそれでも最初か ら優秀投手を登板させるのが定石、一方の糖尿病治療では逆 転劇がないのにもかかわらず先発投手の選択を誤っていたの ではないだろうか。日本には何故か米国内分泌学会と臨床内 分泌学会合同のガイドラインは紹介されてこない。我々はこ の極めて理にかなったガイドラインによる治療が全く受け身 だった患者さんに行動変容を容易にもたらす事を経験してい る。この“行動変容を自然に促す事が可能である”という極 めて当たり前の事がこれからの糖尿病治療に必要なのではな いだろうか。CKDと頚動脈高度狭窄を合併する低心機能症例 (駆出率10%台)の冠動脈バイパス術などが決して珍しくなく なった昨今、心臓血管外科医にも一言、糖尿病治療に関して 一言言わせていただければ幸いである。
10:00-12:00 患者の行動変容をうながす2型糖尿病治療のポイント
1) HbA1-cが1%下がれば心筋梗塞が減るって本当ですか?
2)冠動脈外科に長期間従事してきた外科医の眼に見える2型糖尿病の姿。
3) 非常にロジカルと思われる米国内分泌学会の治療アルゴリズムと日本の治療実態の乖離の原因は?
菅野恵先生
■講師
菅野恵 先生
(総合南東北病院心臓血管外科)
<略歴>
76年7月 ECFMG(Educational Commission for
     Foreign Medical Graduate)取得.
77年3月 福島県立医科大学卒
  4月 福島県立医科大学第1外科入局
78年8月 米国南California大学、関連施設
     (St. Vincent病院)で Clinical
     Fellow として2年勤務
     (主任教授:Jerome Harold Kay)
83年3月  医学博士号取得(福島県立医科大学)
94年11月 財団法人脳神経疾患研究所附属 南東
     北病院心臓血管外科科長
08年7月  同 心臓・循環器センター セ長
14年4月−18年3月
  東北大学医学部臨床准教授(心臓血管外科)

<学会>
評議員(日本冠動脈学会)
指導医 
  1)日本胸部外科学会
  2)日本外科学会
  3) 心臓血管外科専門医機構修練指導者認定
専門医
  1)日本心臓血管外科学会
   心臓血管外科専門医(三学会構成心臓血管
    外科専門医認定機構)
  2)日本循環器学会認定専門医
ステントグラフト実施認定医
   (腹部大動脈A-000123G (2009.4.20)、胸
    部大動脈T000158G(2011.3.18))
FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
セミナー要綱
 セミナーNo
441
 開催日
2017年8月20日(日) 10:00〜12:00 ※開場 9:30
 セミナー会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2 八重洲MIDビル)
会場案内図
 講師
菅野恵 先生(総合南東北病院心臓血管外科)
 定員
20人
 受講料
【医師】
■会場受講: 20,000 円(お一人様/税込み)
■ネット受講:20,000 円(スポット)、※初期登録料:5,000 円(最初の1回のみ)
 分野/対象
■分野:
■対象:
 紹介動画
セミナー会場案内図
■アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2 八重洲MIDビル)
FAXで申し込み(PDFファイルダウンロード)会場受講申し込みネット受講申し込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
会社案内ダウンロード
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー